自分の知識や情報は本当なのか?

いまや手のひらサイズの小さなスマホから、溢れんばかりの情報が毎日のように押し寄せてくる。

昔、友人から聞いたり、雑誌で読んだ “雑学” は、インターネットで調べてみると実は全く違っていたりして驚くことがよくある。

最近では、自分の知っていることに自信がなくなってきて、ちゃんと調べてから話をしたり、もしくは話をしているときに調べて間違いがないか確認をするほどである。

もちろん、インターネット上には間違った情報もたくさんあるし、ガセネタもたくさんある。

ふと「ガセネタ?」って、どういう意味?

すぐに調べられる、

偽の情報、人騒がせ(ヒトサワ “ガセ”)のガセがきているといわれている

インターネットは本当に便利だ。すぐに調べられる。

しかし、溢れる情報から本当の情報を見分けるスキルも現代では必要である。

自分で情報を取りに行くことのできる自由はあるが、その取りに行っている先には真の情報がある場所なのか? まずはそこを意識しておく必要がある。

すでにネット上に流れている情報はある程度操作されている思った方が良い。(当たり前だけど)

いわゆる、誰かにとって都合の悪い情報は流れていない、ということを知っておく必要があるということだ。

井の中の蛙にならないように、ネットだけで無く、広い視野をもって、従来通りの肌で感じる情報アンテナを持ち続けることが大切だ思う。

脳みそ使わなくなると、どんどん劣化していくからね。w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加