新元号は「令和(れいわ)」、意味は?



新元号は「令和(れいわ)

出典

万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文

引用文

初春の令月にして
気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、
梅は鏡前の粉を披(ひら)き、
蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす

引用文の意味

春の初めの良い月に
さわやかな風が柔らかく吹いている
その中で梅の花が美しい女性が鏡の前で
おしろいをつけているかのように白く美しく咲き
宴席は高貴な人が身につける香り袋の香りのように薫っている



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加