アウトプットをする

今年はアウトプットする年にしようと思う。
アウトプット先はまずはここのブログに書くことからスタート。

見た映画、読んだ本などをアウトプットしていきたい。

アウトプット大全」をまずは読んで少しずつアウトプットしていこうと思う。

CHAPTER 1

「読む」「聞く」はインプット、「話す」「書く」がアウトプットになる。
インプットするだけでは記憶に定着しにくく、アウトプットして初めて記憶に定着しやすくなり、自分のものになるという。

人に話したり、書くことによるアウトプットは筋肉を使う「運動性記憶」で、口や手の運動神経を使うことによって忘れにくくなるという。

考えてみれば、以前、花の写真をよく撮っていて SNSにアップする際に花の名前を調べてアップをしていたが、その当時は花の名前をよく記憶できた。
今は調べてみても、すぐに忘れてしまうなぁ・・・そういうことなのかな。

記憶は、2週間に3回使うと長期的記憶として残るらしい。

インプット → アウトプット → フィードバックを繰り返すことで記憶、理解をより深めることができる。忘れたり、間違えたりしたことをもう一度やり直す、覚え直すこと(フィードバック)が大切。

人に話をしたり、ブログに書いたり、英単語を声を出して何回も書いて覚える、など。

  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする