RSS

カテゴリー別アーカイブ: Macintosh

NEW MacBook Air

 

 

新しいMacBook Air、やっとRetinaディスプレイになった。

 

 

カスタマイズでメモリを16GB、SSDを512GBにすると、20万円かぁ〜。

 

MacBook Airをカスタマイズ

  • 1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • Retinaディスプレイ
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • Intel UHD Graphics 617
  • Touch ID
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Thunderbolt 3ポート x 2
  • バックライトキーボード – 日本語(JIS)

 

MacBook Proの標準スペックをメモリ16GB、SSD 512GBにしても同じくらいの値段。

悩ましいけど、格好良さと機動性をアップするなら、MacBook Air の選択で間違いない。

 

13インチMacBook Proをカスタマイズ

  • 第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • Intel Iris Plus Graphics 640
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • Thunderbolt 3ポート x 2
  • バックライトキーボード – 日本語(JIS)

 



 

 

投稿者: : 2018年10月31日 投稿先 Apple, Macintosh

コメントする

外付けSSD ドライブ

最近の MacBook はみんなハードディスクから、SSDドライブになって容量がちょっと心許ない感じ。

写真の容量もどんどん大きくなって来ているし、必要なアプリをインストールしたり、仕事のデータ入れて持ち歩くとすぐに一杯になっちゃう。

そこで結構安くて便利なのが、外付けSSD。

61CDsC3DZ2L._SL1000_

小さくて、軽いから、カバンの中に放り込んでおけばいい。

これを持っているだけでデータの受け渡しも心配なしです。

オススメです!

 

  

 

投稿者: : 2016年7月13日 投稿先 Apple, Macintosh, コンピュータ

コメントする

タグ: , , , ,

iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイモデル

スクリーンショット 2016-07-13 15.57.44

数年ぶりにデスクトップパソコンをリプレース。

Retina 5K ディスプレイ、めちゃくちゃキレイ。

もちろん、処理スピードも速くなって作業効率もアップ。

昔に比べたらハードの性能も随分と良くなってきているので、買い換えのサイクルも長くなりつつある。

 

色々な時間効率を考えると、新しいパソコンは値段以上に活躍してくれそうです。

 

 

投稿者: : 2016年7月13日 投稿先 Apple, Macintosh, コンピュータ

コメントする

スリープ後、USBキーボードが使えなくなる

 

MacOS 10.9.5 の環境で、ディープスリープ後、USBのキーボードが認識しなくなり、Bluetooth キーボード接続を勝手にしようとする症状が度々でるようになった。

キーボードの USBを何度か抜き差しして使えるようになることもあったりしたけど、いまいち原因が特定できない。

とりあえず、PRAMクリアをして様子をみてみます。
いまは、NVRAMクリアっていうのかな。

Mac の NVRAM をリセットする方法

 

2週間トライアルセット 商品を詳しくみる

 

投稿者: : 2015年2月25日 投稿先 Apple, Macintosh, コンピュータ

コメントする

Macbook Pro Retina ディスプレイモデル

 

 

overview_hero

 

2013年の年末に購入した、Macbook Pro Retina モデル。

想像以上に速くて快適。
SSD の効果がここまであるとは正直思わなかった。

OSの起動時間やアプリの立ち上がりは、ホント速い。
再起動なんて、えっ!もう立ち上がった?っていうくらい速い。(笑)

筐体も薄くなって、見た目もかっこいいのも良い。
 

いままでずっと、15インチモデルを購入してきて、実際に13インチを半年近く使ってみたが、全く問題ない。
その理由のひとつに Retina ディスプレイであることがとても効いている。

普段は最高解像度からひとつ下げた設定にしている。
理由は、文字が小さすぎて見えないから。(笑)

で、作業領域を広げたいときは高解像度にすれば広く使える。
Retina の本領発揮、これが 13インチでもOKな理由。
 

ビジュアル的には、Macbook AIr を購入しようと思っていたけど、Retina に対応していなかったので、Macbook Pro に落ち着いた。結果的にこれで正解だった。(^^)

 

投稿者: : 2014年5月24日 投稿先 Apple, Macintosh, コンピュータ

コメントする

Magsafe 2 コンバータ

いつも Mac のノートパソコンを購入すると、ACアダプターを自宅用と移動用の2つを用意している。

今回、新しいMacBook Pro になって、Magsafeのコネクターが変わってしまったので、また新しいACアダプターを購入しないといけないなー、と思い探していたら、 Magsafe → Magsafe 2 に変換するアダプタが純正で出ているのを知りました。

これなら、1/8 の出費で済むので、助かりました。(^^)

 


 

投稿者: : 2013年12月19日 投稿先 Apple, Macintosh

コメントする

【Mac】【Adobe】移行アシスタントでデータを移行後、上手くアプリが起動しない


新しいマックを購入したので、古いマックから新しいマックへごっそりデータを移行した。

まずは、移行アシスタント(アプリケーション→ユーティリティ)を両方のマックで立ち上げて、それぞれターゲット指定をし、データ移行スタート。

データ量にも依るが6時間くらい待つ。w

移行アシスタント

 

で、問題はその後。

アプリによってはシリアルを再入力が必要なものもある。
Adobe系のアプリは、色々と不具合(移行アシスタントで移行するとね)があるが、おおよそ、

アプリケーションのそれぞれのフォルダの中の Configuration フォルダなどを古い方から新しい方へコピーし直したりすると上手く起動することがある。
どうしてか分からないけど、コピーできていないファイルがあって、それが問題でアプリが起動しないことが多い。

スクリーンショット 2013-12-09 7.27.36

エラーが出た時は、アプリを立ち上げた時に表示されるエラーメッセージを書き控えておくと良いかも。

 

 

 

投稿者: : 2013年12月9日 投稿先 Apple, Macintosh, デザイン

コメントする

この製品のライセシングが動作していません。


 

Adobe Acrobat 9.5.5 を立ち上げたら、下記のアラートが出て、使用できなくなった。

 

この製品のライセシングが動作していません。

エラー:150:30

 

原因として、パソコン(マック)を新しくした時に、TimeMachine で環境を復元したため、必要なファイルがコピーされていなかったのが原因のようでした。

 

【処置方法】

FLEXnet Publisher」のフォルダを古いパソコンから、新しいパソコンにコピー。

Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/FLEXnet Publisher

アプリを立ち上げるとシリアルナンバーの入力画面になるので、入力して完了。

以上。

 

他にもいろいろと対処法があるみたい。

Adobe のサポートで教えもらった参考アドレスを貼っておきます。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236044.html

 

   

 

投稿者: : 2013年8月8日 投稿先 Macintosh, コンピュータ

コメントする

液晶画面の焼き付き

 

Apple iMacの画面が出先から帰ってきたら、焼き付いていた。

色々と調べたら、下記のページが見つかった。

Apple 液晶ディスプレイへの画像の焼きつきを防ぐ

これから試してみます。

2週間トライアルセット 商品を詳しくみる


 

 

投稿者: : 2013年6月11日 投稿先 Apple, Macintosh, コンピュータ

コメントする

アップル Keynote メディアブラウザのハングアップ

 

Keynote '09(バージョン 5.3) のメディアブラウザで、写真や曲を読み込みはじめたら、そこからずーっとマウスカーソルがレインボーになってグルグル回り続けて、なにも操作を受け付けなくなって困ってしまった。

 

まずは、キーボードの option + command + esc を同時に押して、アプリケーションの強制終了をするウインドを出し、Keynoteを選択、強制終了をする。

その後、Finder から下記の該当ファイルを見つけて削除。

ユーザー名 > ライブラリ > Preference > com.apple.iWork.Keynote.plist

これを削除してから、Keynote を立ち上げ直す。

とりあえず、これでループから抜け出せます。

あとは、メディアブラウザをいじらないようにするしかないですね。

 

これで随分と時間を取られて作業が進まず、大変困りました。。。(T_T)

 


 

投稿者: : 2013年4月11日 投稿先 Apple, Macintosh

コメントする
Pages: 1 2 3 Next